ブログについて

不動産投資ブログをご覧頂きありがとうございます。

現在サラリーマンの方々を中心に不動産投資について一緒に学んでいこうというコンセプトでこちらのブログを発信しています。「アフィリエイト」「電脳せどり」など副業は他にもございますが、会社員である最大のメリットを活かす副業となると不動産は欠かせない選択肢となります。
不定期での更新となりますが、どうぞよろしくお付合いください。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

2013年3月18日月曜日

「No.1」しか許されない職場・・・



日本国内だけでも、星の数ほど会社というものがあるわけですが、「1番」しか許されない職場というのをご存知でしょうか。

まず想像するのがプロスポーツなどの業界だと思います。戦略外を通告されたプロ野球選手などが再度チャレンジする合同トライアウトの中継などを見ておりますと、「厳しいなぁ・・」とあらためて思うわけですが、さらに厳しく過酷な業界というのが日本にも存在します。

その業界とは・・・



国内外から日本の秩序と安全を守る「自衛隊」の世界であります。

ご縁があり、自衛隊の方々を資産運用面でサポートさせて頂き、そのネットワークも広がりつつあるわけですが、先日、某基地におきましてクライアントと打合せをしてまいりました。仕事の打合せを終え、一杯お付合いさせて頂いたわけでありますが、その方から衝撃の話を伺いました。


「自衛隊には季節に応じていろいろなイベントがあるが、どのイベントも2番以下は認められないんだよ」


どうやら、マラソン大会や運動競技のようなイベントが多いそうですが、1番以外認められない世界というのも・・・。戦争という世界において、2番は「死」を意味するというわけです。当然ながら2番以下にはペナルティーが発生します。


続けて・・・

「まず体が基本だ!健康面の管理も含めて体の弱い人間は出世はあり得ない!」


極めてストイックな世界であります。同時に考えさせられるのは、万が一の備えとして自衛隊や警察機関が存在するからこそ「秩序」「法律」が作用するわけであり、「自分の命より大切なものがあるのだ!」という彼らがいなければ、どこかの国のように「ルール=俺自身」ということにだってなりかねません。また他国からの圧力や要求にだって惨めさを感じながらも従うしかない羽目になってしまいます。



1番しか許されない世界・・

生存競争とは本来こういった気概がないと成立たないのかもしれません。私どもの世代以降は特に生まれた時から恵まれた環境にあるため、一般の国々がどういったものかを知りません。(海外に10年以上長期で滞在している方々は別ですが・・・)


素晴らしいお話に本当に感謝です。皆様のご活躍あっての私どもの経済活動であることを深く肝に銘じ、仕事の取組み方におきましても更なる改善を行なってまいりたいと感じた次第です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事