ブログについて

不動産投資ブログをご覧頂きありがとうございます。

現在サラリーマンの方々を中心に不動産投資について一緒に学んでいこうというコンセプトでこちらのブログを発信しています。「アフィリエイト」「電脳せどり」など副業は他にもございますが、会社員である最大のメリットを活かす副業となると不動産は欠かせない選択肢となります。
不定期での更新となりますが、どうぞよろしくお付合いください。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

2013年6月24日月曜日

【土地白書】持ち家よりも賃貸を希望する人が増加!しかし・・



所有することが大人の条件とされてきた時代も「昔の価値観」ということになったのでしょうか。
 
最新版となる平成25年版土地白書では、「土地・建物は両方所有したい」と持ち家を希望する国民が79.8%と12年ぶりに8割を割りみました。これまで大多数の人が考える常識にも変化が起きていることが明白となりました。


バブル経験以降、固定資産税が上がったことも背景にあるかもしれませんが、この12年でのもっとも大きな変化といえば、情報量の急激な増加による客観的な判断というのがあるのかもしれません。




土地白書では、それを裏付けるアンケート結果が!
「土地は預貯金や株式に比べ有利な資産か」の問いに「そう思う」と答えたのは過去最低の32.9%。「思わない」(37.2%)を4年連続で下回っており、土地に対する意識の変化が浮き彫りになっています。


しかし、白書はバブル経済崩壊後、下落傾向を続けてきた地価について、「アベノミクス」効果で「回復の兆しがある」と分析している点は見逃せません。不動産経済研究所が17日に発表した近畿2府4件のマンション市場動向でも、5月の契約率は82.3%と、好調の目安とされる70%を15カ月連続で超えています。消費税増税を控え「買い時」をうたう市場は好調。


昨日の都議会選挙の結果をみても一目瞭然。自民党は圧勝の結果は参院選に反映されるといっても過言ではありません。自民党が参院選圧勝となれば、さらに大胆な政策が加速する可能性が高まります。


将来からの逆算で考えますと、いかに今の金利が低いか!ということに気がつけるはずです。また賃貸需要が増えているということは、当然供給側に回るという点からも判断できるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事