ブログについて

不動産投資ブログをご覧頂きありがとうございます。

現在サラリーマンの方々を中心に不動産投資について一緒に学んでいこうというコンセプトでこちらのブログを発信しています。「アフィリエイト」「電脳せどり」など副業は他にもございますが、会社員である最大のメリットを活かす副業となると不動産は欠かせない選択肢となります。
不定期での更新となりますが、どうぞよろしくお付合いください。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

2013年8月15日木曜日

4月より急激に増加する公共事業への受注額の影響は秋以降に・・



国土交通省によりますと、1〜6月に建設業者が受注した公共事業(500万円以上の工事)の金額は6兆6924億円で、昨年同期より16・5%増えたとのことです。


特に注目すべきは、4月以降の受注金額と割合です。




1〜3月は昨年同期並みということですが、4月が27・9%、5、6月が50%前後と大きく増えています。安倍政権による景気の影響が出ていないと盛んに報道されていますが、2月に成立した2012年度補正予算の公共事業4・7兆円分の発注が本格化し、資金が動き出した時期が、ちょうど4月頃ということになってまいります。


ですので、街に資金が分散しはじめるのは秋以降ということになりそうです。現政権により金融緩和という大きな判断はございましたが、実際には期待と政権の存在だけで外国人投資家から資金が流入していたということになります。安倍首相もおっしゃっています通り、「まだ何もしていない」という段階において、株価は14,000円前後をウロウロ。


今後は13年度予算の公共事業の発注も見込まれ、国交省は「増加傾向は今後も続く」とみているとのことです。資金がさらに街に溢れれば、どうしたって現金の価値よりサービスや商品の価値にウェイトが移り気味となります。


そろそろ不動産価格も本格的に上昇を実感してくるレベルとなるかもしれませんね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事