コスパ重視の賃貸はじめました

コスパ重視の賃貸はじめました
「中野」「高円寺」「池袋」「板橋」「練馬」に特化したコスパのよい賃貸物件を集めてみました。毎月恒例の店長オススメ物件はネット掲載していませんのでお気軽に店長までお問合せください。

ブログについて

U-style Digestをご覧頂きありがとうございます。

お金について少しでも多くの方々に関心を持って頂こうとはじめたブログのダイジェスト版となります。こちらのBlogでは私の専門である不動産関係の記事が中心となります。一つでも皆様とって参考となる記事がありましたら幸いです。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

見逃せない直近のセミナー

2013年12月20日金曜日

【J-REIT】不動産取得活況! 43銘柄の時価総額は7兆円超えです



政府・与党は2013年12月に日経平均株価が1万8千円を超えるように政策を打ってきたとも報道されていますが、今一歩伸びが足りなかったというのは惜しいところです。しかしながら、REIT(不動産投資信託)の不動産取得は活況!オフィスビルや商業施設、賃貸マンション等の取得額は、2013年に2兆2000億円を超え、7年ぶりに過去最高を更新しています。


一般社団法人不動産証券化協会が発表したレポートによると、Jリート上場全43銘柄の時価総額は、7兆2561億円(11月末現在)。これは民主党政権真っ只中であった2年前の約2倍に当たります。


東京オリンピック決定の影響も大きかったことと思いますが、すでに東京市場においては、来年を見越した動きが活発であり、私どもも年末年始をゆっくり過ごしてられないといった心境も根底にはございます。休むべきときは、しっかりと休み、気持ちを切り替えて新年明けは猛ダッシュで駆け抜けたいところですね。


すでに都心においては、価格とモノのバランスが取れた物件の取得が困難な状況が続いており、九州や関西圏の投資物件を探す投資家も増えている状況です。長期国債利回りプラス3%が、Jリートの通常の利回りと考えると、過熱感を迎えるのはこれからと言えそうです。アベノミクスが浸透し、賃料が上昇していくのはこれから、利回りアップは期待できると思います。NISAの影響もあり、注目度の高いJリートは、女性や個人投資家からの購入が大いに見込まれるのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事