ブログについて

不動産投資ブログをご覧頂きありがとうございます。

現在サラリーマンの方々を中心に不動産投資について一緒に学んでいこうというコンセプトでこちらのブログを発信しています。「アフィリエイト」「電脳せどり」など副業は他にもございますが、会社員である最大のメリットを活かす副業となると不動産は欠かせない選択肢となります。
不定期での更新となりますが、どうぞよろしくお付合いください。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

2014年2月10日月曜日

【ノムコム調査】1月の街角景況指数上昇に連動して不動産への期待も上昇!



1月の街角景気現状指数、54.7 と前月の55.7からは下がったものの依然として50%越えという高い数値を維持しています。

ちなみに街角景気現状指数50で景況感に変化がなかった目安とされています。これを上回れば経済が上昇していると感じる人が多いこととなり、これを下回れば景気が後退していると感じる人が多いという目安になります。この高い景況感に比例して不動産価格が今後上昇すると考えている人が多いことが野村不動産アーバンネットの意識調査が明らかになりました。


調査期間は、2014年1月7日~13日。不動産情報サイト「ノムコム」の会員1710人から回答を得たとのこと。結果は以下の通りです。




不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ 62.4%が「買い時」と回答し、2013年7月の前回調査と比べると0.9ポイント減少しているものの、高い水準で推移しています。買い時だと思う理由は、「住宅ローンの金利が低水準」が55.9%で最も多く、「今後、物件価格が上がると思われる」が45.8%、「消費税の引き上げが予定されている」が39.7%と続きました。


前回調査で最多回答だった「住宅ローンの金利が上がると思われる」は、今回調査では34.0%で、前回調査から19.5ポイントの大幅な減少。不動産の価格については、「上がると思う」が48.7%となり、前回調査から3.9ポイント増加した。上がると思う理由については、「アベノミクス効果」に加え「東京オリンピック効果」に期待する意見が目立っています。


東京五輪が近づくにつれ、さらなる盛上りとなることが期待できます。
今後は都内の人気物件が購入困難となることが予想されます。


不動産投資をはじめたい方は是非ともご相談を。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事