コスパ重視の賃貸はじめました

コスパ重視の賃貸はじめました
「中野」「高円寺」「池袋」「板橋」「練馬」に特化したコスパのよい賃貸物件を集めてみました。毎月恒例の店長オススメ物件はネット掲載していませんのでお気軽に店長までお問合せください。

ブログについて

U-style Digestをご覧頂きありがとうございます。

お金について少しでも多くの方々に関心を持って頂こうとはじめたブログのダイジェスト版となります。こちらのBlogでは私の専門である不動産関係の記事が中心となります。一つでも皆様とって参考となる記事がありましたら幸いです。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

見逃せない直近のセミナー

2014年5月28日水曜日

【三井不動産】ここ日本橋再開発を含む国家戦略特区のインフラ整備加速を確信した?



ここ日本橋がさらに熱くなりそうです。


COREDO室町の完成により、全国から名店が集いビジネスマンで賑わう日本橋ですが、三井不動産はさらなる発展を目指し、公募増資で最大約3500億円(手数料を除く手取り概算)を調達することを決議しました。




三井不動産といえば、日本橋の他に日比谷、そして八重洲周辺を積極的に開発に注力していますが、増資によりさらに広範囲に開発を拡張していく方針なのでしょう。三井不動産のこの決定は、不動産投資家にとっても大きな判断材料となるはずです。3500億円といえば、大手ファンドが東京の不動産へ大型投資をした額と同程度の金額ということになります。為替動向も101円〜102円と非常に安定していますし、消費税の影響も当初言われていたよりも非常に限定的であったと思います。


そういった背景を十分に考慮した上で、大型増資となる3500億円を三井不動産が決定したわけです。ロイター通信でも指摘されている通り、国家戦略特区の指定などもきっかけに社会インフラの整備が加速する可能性が高いとみていることは間違いなさそうです。このため三井不は投資機会が増えるとにらみ、エクイティ(株式)での調達に踏み切る決断をしたのではないでしょうか。


東京の不動産は上昇したとの声もありますが、本当の上昇はこれからが本番となりそうです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事