ブログについて

不動産投資ブログをご覧頂きありがとうございます。

現在サラリーマンの方々を中心に不動産投資について一緒に学んでいこうというコンセプトでこちらのブログを発信しています。「アフィリエイト」「電脳せどり」など副業は他にもございますが、会社員である最大のメリットを活かす副業となると不動産は欠かせない選択肢となります。
不定期での更新となりますが、どうぞよろしくお付合いください。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

2015年7月3日金曜日

クラシックなデザインとコダワリだらけの車メーカー光岡自動車から不動産業界も学ぶべきだ!「安い、早い、粗悪」な物件はもういらない!「価格に見合った『質』」を追求してもらいたい・・・



光岡自動車といえば、クラシックなデザインで有名な自動車メーカーだが、このリューギは「流儀」からきているのだとか・・。


個性派の「人とは違った車に乗りたい」という層に人気のメーカーですが、光岡自動車のコダワリも相当なものです。特徴的なフロントグリルは英ロールスロイス風なデザインで、一度見ると絶対に忘れないインパクトがあるだけでなく、エンブレムは同社がある富山の小さな町工場で作られている七宝焼。パッと見ても、そのコダワリぶりがヒシヒシと伝わってまいります。





これまで、スペックばかりを競い合っていた自動車業界も人口減少や自動車所有者のランニングコスト増などにより年々車離れが深刻度を増しているばかりです。こういった教訓や時代の流れから生まれたのが光岡自動車のリューギではないかと・・・。



視点を不動産に向けますと、自動車業界に類似する点がちらほら・・・。



住宅はスクラップ&ビルドからストックの時代へ|ホームズ



不動産/住宅業界においても、新築を買うのが得か?、賃貸で行くのが得か?といったことが番組で取上げられてしまう始末。つまり、多くの人(半数の方々)は新築住宅を買うことに疑いの眼を持っているという証拠です。上物だけで、数千万円もするというのに、我が国では戦後の住宅難の時代から高度成長期にかけて、住宅の「質」ではなく「量」を確保することが大きな課題とされてされてきたため、安い資材で素早く作り、古くなったらすぐ壊すということが繰り返されてきた過去があります。


これでは家が資産と判断されるはずがありません。


高級時計などは、現在でも古くても価値が落ちないといったケースがあるというのに、住宅にそれができないはずがありません。



光岡自動車同様に、今後は新築を建てる方々が必ず求める要素として、「価格に見合った質」というのは外せない要素となるはずです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事