コスパ重視の賃貸はじめました

コスパ重視の賃貸はじめました
「中野」「高円寺」「池袋」「板橋」「練馬」に特化したコスパのよい賃貸物件を集めてみました。毎月恒例の店長オススメ物件はネット掲載していませんのでお気軽に店長までお問合せください。

ブログについて

U-style Digestをご覧頂きありがとうございます。

お金について少しでも多くの方々に関心を持って頂こうとはじめたブログのダイジェスト版となります。こちらのBlogでは私の専門である不動産関係の記事が中心となります。一つでも皆様とって参考となる記事がありましたら幸いです。

高い収益性が見込める オススメの最新物件

見逃せない直近のセミナー

2015年11月24日火曜日

【10月の首都圏マンション発売戸数 結果】価格上昇一辺倒が影響?それとも消費税増税による経済成長率後退を懸念?



民間の不動産経済研究所が発表したマンション市場動向によると、10月の首都圏マンション発売戸数は前年比6.5%減の2921戸。2カ月連続で減少です。


首都圏のマンション契約率は68.8%と、好不調の分かれ目とされる70%を2カ月連続で下回った。1戸当たりの価格は前年比17.6%上昇し、5364万円でした。マンション販売在庫数は前月末比60戸増加し、5019戸に。


一方、11月の発売戸数については3500戸と見込んでいるとの分析ですが、背景には景気後退懸念が強いと感じている方が多いのかもしれません。消費税増税により8%に引き上げられたマイナス影響は、政府や財務省の予測を上回るマイナス影響であったわけですが、企業の設備投資への投資が伸びていない点からも消費税懸念がどれほど大きいかが伺えそうです。


また、都心ではマンションの値上がり幅が大きいことも売れ行きが伸びていない要因かもしれません。さらに、三井プレデンシャルにおける報道も影響している可能性も。。 このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

セミリタイア

電力/エネルギー関連

過去に最も読まれた 記事